北の小さな漁港とは

厚岸キョウレイ

北海道の鮮魚、厚岸一夜干し、自社のさんま加工品などを販売しています。魚のことなら厚岸キョウレイにお任せ下さい!
»特定商取引に基づく表示


 

お魚メール配信中!

お魚情報メール
魚を美味しく食べることに命を掛けるショップマスターよりお魚情報お届けします。下記ボックスにあなたのメールアドレスを登録して下さい。



お支払い・送料

代引き、銀行振込をご利用いただけます。3千円以上お買い上げいただくと、クレジットカード、コンビニ決済を利用いただけます。お支払い・送料

コンビニ決済


お問い合せ

メールソフトが起動します。
電話番号

リンク

株式会社キョウレイ

お刺身.jp


北の小さな漁港ブログ

2015年7月30日木曜日

鰯の刺身:作り方。(画像多)

 
 
 


湿気がすごいです!^^;

厚岸町から、おはようございます。

毎日湿度が高いのでマサゴ氏の前髪、クルンクルンです。(笑)


**********************************


本日は、刺身の作り方です。


今回のイワシは、超大型約160g 脂がノリノリ。そして新鮮



※画像が、わかりにくいかも知れませんが、不明な点はどうぞお問い合わせ下さい。

※手モデルは、KY工場長です。


①エラの後から頭を切る


②尾の方から包丁を入れ内臓を取ります。
 


④内臓(脂)を取り出し、ここからが腕の見せ所です!!
 
 
⑤勝負は、ここからです。

いかに「手早く」「キレイに出来上がる」かが決まってきます!
 
⑥3枚になったところでさっと血を流します

キッチンペーパー等でしっかり水切りを行って下さい。

 
 
⑦頭の方から優しく皮を剥きます。

スーーーっと自分の方へ引っ張る様な感覚でキレイに取れますよ。



 
⑧腹骨が多い魚なので、ここはしっかり取りましょう。
 
腹骨を切り落とします。
 
 
取り方は2種類あるそうで自分のやりやすい方でOKです。私は上のやり方。
 
 
 
背中側を上にし、切込みを入れる。
 
尾のほうを持ち上げ、腹骨部を包丁で押さえる方法。

 


 


 
⑨斜めに切り盛り付けて完成です!
 
 
マサゴ氏が言うには・・脂が強くて・・・通風にはキツイ。そうです(笑)
 
 
刺身は、ちょっと苦手なんです。という方!!
 
さっと塩ふって焼いてもOKですよ~。
 
 
工場長のおススメは、タタキにして味噌とネギを和えるんですって!
 
 
 
 
 
 
 
 
どうしても、足(鮮度落ち)が早いイワシさん。
 
北海道の端っこから「鮮度を保ったまま」お届けできないか。。
 
 
何度も社内会議を行いまして・・。ついに!やっと!!
 
 
キョウレイの努力の結晶をお受け取り下さいませ!!(企業秘密)
 
 
御注文をお待ちしております。  ドシドシ。 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 厚岸郡厚岸町情報へ

2 件のコメント:

  1. イワシねぇ…。
    イワシの刺身食べた事ないなー。
    食べたら美味しんだろうけどっ。この前も言ったなー。このセリフ。

    返信削除
    返信
    1. すっごく美味しいよ☆

      是非、一度^^
      ちょっと骨が多くって喉にひっかかるけど(笑)青魚は栄養満点だよ!!

      いわしのツミレとかにしたら、フサコちゃんも喜んで食べてくれるじゃないかな!?

      削除